ブログ

  • リワークあっぷる

就労定着支援の利用者にインタビューをしました。

 現在も働き続けていますが、ここでいったん定着支援のサービスが終了する利用者にお話を伺いました。


Q1.就労移行支援の利用中はいかがでしたか?

 スタッフとのめぐり逢いだなぁと思いました。どのスタッフが担当にあたるかで自分の行き先が変わったりすることがあると思います。リワークあっぷるに来てよかったと思っています。


Q2.仕事が決まった時はどんな心境でしたか?

 不安がありました。失敗したらどうしようと思っていました。

今では、この職場で働いてよかったと思っています。


Q3.その不安はどうなりましたか?

 リワークあっぷるや担当のスタッフがバックについてくれると感じ、不安は減りました。保険みたいな感覚ですね。生活面でも、届いた郵便でよくわからないものがあると一緒に見てもらいました。


Q4.就労定着支援をこれまで使ってきていかがでしたか?

 期間が終わってから、全くこれないと思っていたので不安でした。

ですが、(サービス期間が終わっても)困ったら相談していいと聞いて不安が減りました。


担当スタッフよりコメント

 この方は、当時あった就労継続支援B型の利用から始めた方でした。

当時からどんな仕事も手を抜かず、一生懸命する方だったので「この方も適切な職場があれば就職できる」と思ってみていました。就労移行支援に移って数か月後、自分が担当をさせて頂くことになり、うれしく思ったのを覚えています。

 お会いして約10年がたち、就労定着支援の期間も終了していきますが、いつかご本人が定年退職したら、その時には一緒にお酒でも飲みたいねと話していたところでした。この方との関係は私自身にも励みをくれています。

 Mさん、これからもお仕事、応援していますね!

最新記事

すべて表示

◎リワークあっぷるを再利用する前の状況や心境について ⇩ クローズ就労(障がいを明かさずに就職)していましたが、令和4年9月に退職しました。 退職の直接的な理由ではないですが、 普段ケガでもない、病気でもない精神的な不調があるときに、会社に伝えにくい、 理解してもらえないのではないかと感じていました。 不調を抱えたまま仕事をしているとだらけているように見える不安もありました。 そのこともあり、次は

~就職が決まった方からのコメント~ 「この度、百円均一のお店で店舗スタッフとして就職することが決まりました。大変嬉しく思っていますし、ほっとした気持ちでいっぱいです。 コロナ禍真っ只中という状況にも関わらず、リワークあっぷるでは、ここでは書ききれない程の様々なサポートをして頂きました。就職が決まったのは間違いなくスタッフの皆様のおかげだと思います。大変お世話になりました。本当にありがとうございまし

リワークあっぷるでは7/8㈮に、リワークのつどいを開催しました! リワークのつどいとは、リワークあっぷるから就職をしていった方々が集まって、顔合わせをしたり情報交換をしたりする場のことです。 以前はお菓子を食べたり飲んだりしながら交流する場でしたが、コロナ禍になり、なかなか人が集まることが難しくなっていました。 今回は最近の札幌市のコロナ感染状況をみて、少しずつ開催していこうと決めました。 席の間