ブログ

  • リワークあっぷる

在宅支援を利用した方に感想を伺いました。

 リワークあっぷるでは5月中旬から在宅支援を開始しており、その支援を利用していた方が来週から通所を再開することになりました。そこで、在宅支援を利用した感想を伺いました。ご本人に了承をいただいたうえで、ブログに掲載することになりました。リワークあっぷるの利用を検討している方や、在宅支援に関心がある方にとって、少しでも参考になればと思います。


「在宅期間で成長できた事」

課題は主に「どのような職場が自分に合うのか考える事」と「マナーについて調べまとめる事」でした。


マナーについての知識もある程度身に着ける事が出来ましたし、どのような職場が自分に合っているのか今一度考える事が出来たと思っております。


もう一つ成長できたと思う点は「運動」です。


先ほど、ずっと家の中で過ごしていたと書きましたが、在宅期間の最後のほうになって重い腰、いや、床にへばりついた腰を剥がして何年かぶりに運動をしました。


少し動いただけで息が切れる自分の体力の無さには愕然としました。


しかし、運動する事の重要性に気付く事が出来ました。


次の日には全身筋肉痛でしたが心も体もリフレッシュ出来た感覚がありましたし、何より運動が楽しい事に気付けたことが一番大きな成長だった様に感じます。




「リワークあっぷるの皆様への感謝の気持ち」

緊急事態宣言の発令に伴い、私は在宅支援に移行しました。


職員の皆様は十分な時間も無い中、在宅支援という今まで経験の無い事に対し大変だったと思いますが万全の体制でサポートしてくれた事に関して大変感謝しております。



「これからの姿勢」

緊急事態宣言が解除されるのでこれからは以前のように通所する形になります。


在宅期間中に学んだ事や気付いた事を生かしたり、在宅では出来なかった事に取り組み就職に向けて前進したいと思います。


気持ちを一新し「自分に対する甘さ」を無くしますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。


最新記事

すべて表示

お仕事関連の悩み相談を受け付けます。

当事業所のホームページをご覧いただきありがとうございます。 サービス管理責任者の越野です。いきなりですが、お知らせいたします。 今後、リワークあっぷるの見学対応では、利用希望や将来のことが定まっていない方でも、 「とりあえず、相談したい」という方の対応もしていくこととします。 というのも、リワークあっぷるでは、随時見学の方のご案内をしていますが、 最近見学に来ていただいている方のお話を聞いていると

在宅利用支援を開始しています。

リワークあっぷるでは札幌市でのコロナウイルスの感染拡大を受けて、5月18日から希望者のみで在宅利用支援を開始しました。 テレビ通話やZOOMを使用し、1日に2回在宅支援利用者と連絡をとっています。スタッフと利用者さんで相談しながらやることを決めています。 (使用機器やインターネット環境に関する費用などは利用者の負担でご用意いただいています。) 就労移行支援を利用したい気持ちはあっても、通勤のリスク

より一層感染症対策に力をいれています

札幌市でのコロナ感染拡大を受け、リワークあっぷるでは今までより一層感染症対策に力を入れています。 ① 所内での座席の固定 →基本的には朝座った席を1日使用します。席の配置も距離をあけて設けています。また、毎日どこにだれが座ったかを記録し、万が一感染者が出てしまった場合の対応に備えています。スタッフ同士でも密にならないよう、席の工夫をしています。 ② プログラムの中止 →密を避けるため、また会話によ