ブログ

  • リワークあっぷる

就職者の声(Hさん)

メンバーのHです。

この度スタッフさん、みなみ会相談員さんの親切丁寧且つ、手厚いサポートにより無事就職に至る事ができました。

就職先は衣料品店ですがタイミングとご縁があり、熱望してたアパレル部門に見事採用、担当となり遅番勤務で接客始め、服のたたみ作業、商品整理、閉店後のディスプレイ変更(売り場替え)、清掃等の予定になり大変幸いな限りです。

家庭の事情もあり、思うように生活ができず心の病を発症し10年程のブランクで感覚、希望を失ってた中、相談員さんの紹介であっぷるを利用することになりました。

家族の介護で余儀なく辞職した業務をリベンジしたい気持ちが強く、あっぷるでは接客系のプログラムに参加したり、模擬店を開きロールプレイで色々学び直し感覚を思い出して再び自信が付きました。

通常のプログラム他、軽作業、所内清掃を基礎から、応用編で週2回ほど同区の小学校トイレ清掃、医療機関の清掃を施設外実習とし、より一般企業に近づく内容で体力がついたり、すれ違う方々に挨拶をしたりと本来の明るい自分に戻れた気がしました。

また通所中に手帳を取得、ハローワーク同行と担当スタッフさん、あっぷるを紹介してくれた相談員さんには感謝以上の言葉が見つかりません。

1年2ヶ月とゆっくりペースでしたが、焦らず土台を作り作業や実習、生活の見直し等試行錯誤を繰り返し現在に至ります。

大変長文になってしまいましたが…

作業実習等と楽しく協力し合えたメンバーの皆さん、何よりも親身になって話を聞いてくれたり、不明な点も終始親切に、時にはユーモアで笑いがあったり、笑いが止まらなくなってもしっかり注意して下さったスタッフさん、担当スタッフのTさん、色々ご迷惑お手数お掛けしましたが…

0だった自分をここまでにして下さり希望してた職種に就けた事、心より感謝お礼申し上げます。

本当にお世話になりました。

身体と心を壊さないよう、新天地でも焦らずコツコツできたらと思います。

最新記事

すべて表示

この度、福祉施設の補助員として採用された方がいましたので、勤務開始前にインタビューをしてみました。 1,今はどんな気持ちですか? 不安が半分、楽しみなのが半分です。対象者の方とのコミュニケーションも楽しみです。 2,就職までにどんな支援を受けたか印象に残っているものはありますか? 失業給付の日にハローワークについてきてもらったり、職場の見学、面接についてきてもらいました。履歴書を書くのも手伝っても

この度就職が決まり、12月から働き始める方にリワークあっぷるを利用した感想を伺いました。 「あっぷるに今年10月頃からお世話になっていた利用者です。 この度、小学校の福祉補助員としての採用が決まり、こちらを書かせていただいています。 私は事務の経験があったため、事務に絞った就活のサポートをして頂きました。 おすすめ頂いていた、小学校でのお仕事の求人がタイミングよく出たため、 そちらに絞っての就職活

現在も働き続けていますが、ここでいったん定着支援のサービスが終了する利用者にお話を伺いました。 Q1.就労移行支援の利用中はいかがでしたか? スタッフとのめぐり逢いだなぁと思いました。どのスタッフが担当にあたるかで自分の行き先が変わったりすることがあると思います。リワークあっぷるに来てよかったと思っています。 Q2.仕事が決まった時はどんな心境でしたか? 不安がありました。失敗したらどうしようと思