ブログ

  • リワークあっぷる

就職者の声(Kさん)


私はあっぷるを利用し始めて7か月、12月5日から事務職(総務)のパートとして働き始めました。


今年の3月に障害者手帳を取得しましたが、どのように就職活動をすれば良いのか、そもそも自分に何ができるのかもわかりませんでした。その時、相談室から就労移行支援のあっぷるを紹介してもらいました。


あっぷるで軽作業や実習を行い、自分の得意なことや、苦手なこと、自分の特性がわかってきました。その間、気持ちの先走りや体調不良など、色々なことがありました。ですが、優しいスタッフさんや利用者さんに恵まれ、何とか就職というスタートラインに立つことができました。


これからは働き続けることができるように、あまり頑張りすぎずに行きたいと思います。自分ではあっぷるに通った7か月、長かったのか、短かったのかはわかりませんが、働くために必要で、大切な時間だったと思います。スタッフさんには大変お世話になりました。また、これから就労定着のほうでお世話になると思うので、よろしくお願いします。


最新記事

すべて表示

◎リワークあっぷるを再利用する前の状況や心境について ⇩ クローズ就労(障がいを明かさずに就職)していましたが、令和4年9月に退職しました。 退職の直接的な理由ではないですが、 普段ケガでもない、病気でもない精神的な不調があるときに、会社に伝えにくい、 理解してもらえないのではないかと感じていました。 不調を抱えたまま仕事をしているとだらけているように見える不安もありました。 そのこともあり、次は

~就職が決まった方からのコメント~ 「この度、百円均一のお店で店舗スタッフとして就職することが決まりました。大変嬉しく思っていますし、ほっとした気持ちでいっぱいです。 コロナ禍真っ只中という状況にも関わらず、リワークあっぷるでは、ここでは書ききれない程の様々なサポートをして頂きました。就職が決まったのは間違いなくスタッフの皆様のおかげだと思います。大変お世話になりました。本当にありがとうございまし

この度、福祉施設の補助員として採用された方がいましたので、勤務開始前にインタビューをしてみました。 1,今はどんな気持ちですか? 不安が半分、楽しみなのが半分です。対象者の方とのコミュニケーションも楽しみです。 2,就職までにどんな支援を受けたか印象に残っているものはありますか? 失業給付の日にハローワークについてきてもらったり、職場の見学、面接についてきてもらいました。履歴書を書くのも手伝っても