ブログ

  • リワークあっぷる

就職者の声(Hさん)


10月29日からトラックの配送助手の仕事に就くことになりました。


あっぷるを利用しようと思ったのはスタッフさんに前職の話をしたりして見学の際に荷運びや納品に軽作業など多種多様な仕事が出来ると聞き、その中で何か自分に向いていて何が得意で何が苦手なのか知ることも出来ると思ったからです。


最初は朝に寝て昼過ぎに起きるという生活リズムだったのでまずは週に3回午後から通う感じでしたが、今後就職して朝から働くならすぐに朝から起きて通うという生活リズムを作らなきゃと思い、通い始めて2か月目くらいから朝9時半から夕方4時まで通うというリズムに戻り、その後あっぷるでの作業で荷運びや納品の手伝いをスタッフさんに声をかけられ、これは自分に向いているんじゃないか!と思い積極的にやっていきました。


一度きりの引っ越し実習をさせてもらったり美園小学校のトイレ掃除の実習もして、どの会社でも掃除は付きものだし!と思い、慣れてきた頃には文句を言いながら途中で辞める事無くつづけました。


徐々にスタッフさんからの指名で作業資材の引き取り、納品に同行するようになってから、こうゆう仕事がしたい!!と思うようになっていき今回トラックの配送助手という仕事をスタッフさんに紹介してもらいこの度就職が決まりました。


就職前実習を5日間させてもらった際にあっぷるで経験した重たい荷運びや美園小トイレ清掃が無駄にせず活かしていける!と実感しました。


これまでの経験とこれから経験する事を忘れないで学んで頑張ります!


最新記事

すべて表示

◎リワークあっぷるを再利用する前の状況や心境について ⇩ クローズ就労(障がいを明かさずに就職)していましたが、令和4年9月に退職しました。 退職の直接的な理由ではないですが、 普段ケガでもない、病気でもない精神的な不調があるときに、会社に伝えにくい、 理解してもらえないのではないかと感じていました。 不調を抱えたまま仕事をしているとだらけているように見える不安もありました。 そのこともあり、次は

~就職が決まった方からのコメント~ 「この度、百円均一のお店で店舗スタッフとして就職することが決まりました。大変嬉しく思っていますし、ほっとした気持ちでいっぱいです。 コロナ禍真っ只中という状況にも関わらず、リワークあっぷるでは、ここでは書ききれない程の様々なサポートをして頂きました。就職が決まったのは間違いなくスタッフの皆様のおかげだと思います。大変お世話になりました。本当にありがとうございまし

この度、福祉施設の補助員として採用された方がいましたので、勤務開始前にインタビューをしてみました。 1,今はどんな気持ちですか? 不安が半分、楽しみなのが半分です。対象者の方とのコミュニケーションも楽しみです。 2,就職までにどんな支援を受けたか印象に残っているものはありますか? 失業給付の日にハローワークについてきてもらったり、職場の見学、面接についてきてもらいました。履歴書を書くのも手伝っても