ブログ

  • リワークあっぷる

就職が決まった利用者の声をご紹介します。

7/5から札幌市内のスーパーで勤務することが決まった利用者の方にインタビューを行いました。


Q.就職が決まった経緯を教えてください。

コロナ禍で求人が無い中、タウンワークをみていたときに今回のスーパーの求人を見つけました。スタッフに相談したところ、そのスーパーがたまたまリワークあっぷるが支援をしたことがあった企業であったので、それがきっかけで就職先の店舗につながりました。

見学や実習を経て就職しました。


Q.職場実習をやった感想を教えてください。

皆さん良い人で、アメやチョコをくれたりしました(笑)

分からないことを教えていただいたり、「無理しなくていいよ」と声を掛けてくれたり、配慮をしてもらえていると感じました。自分のペースで仕事を出来ました。

働く前に周りの環境を知ることができて、発見も色々ありました。


Q.リワークあっぷるを利用してどうでしたか

7か月くらい利用しました。

支援者はみんな私の病気に対しての理解をしようとしてくれました。

スタッフ間で情報共有もしてくれて、作業中にも配慮をえられました。

作業をやりすぎていないかの声掛けもしてくれて助かりました。


Q.今後の抱負を教えてください。

障がいがわかってから二度目の社会復帰になるので、ブランクがあるが、長く仕事を続けられたらと思います。

いずれ勤務時間を伸ばしたいし、欲を言えば契約社員や正社員になりたいという夢があるけど、自分の体や企業と相談しながら焦らず1つ1つやっていきたいです。


ありがとうございました。

最新記事

すべて表示

◎リワークあっぷるを再利用する前の状況や心境について ⇩ クローズ就労(障がいを明かさずに就職)していましたが、令和4年9月に退職しました。 退職の直接的な理由ではないですが、 普段ケガでもない、病気でもない精神的な不調があるときに、会社に伝えにくい、 理解してもらえないのではないかと感じていました。 不調を抱えたまま仕事をしているとだらけているように見える不安もありました。 そのこともあり、次は

~就職が決まった方からのコメント~ 「この度、百円均一のお店で店舗スタッフとして就職することが決まりました。大変嬉しく思っていますし、ほっとした気持ちでいっぱいです。 コロナ禍真っ只中という状況にも関わらず、リワークあっぷるでは、ここでは書ききれない程の様々なサポートをして頂きました。就職が決まったのは間違いなくスタッフの皆様のおかげだと思います。大変お世話になりました。本当にありがとうございまし

この度、福祉施設の補助員として採用された方がいましたので、勤務開始前にインタビューをしてみました。 1,今はどんな気持ちですか? 不安が半分、楽しみなのが半分です。対象者の方とのコミュニケーションも楽しみです。 2,就職までにどんな支援を受けたか印象に残っているものはありますか? 失業給付の日にハローワークについてきてもらったり、職場の見学、面接についてきてもらいました。履歴書を書くのも手伝っても