ブログ

  • リワークあっぷる

プログラムのご紹介「ストレス対処」

今日のブログでは、「ストレス対処」というプログラムについて紹介します。

皆さんは普段、どのようなことにストレスを感じるでしょうか?

ストレスと感じるときは、何かできごとがあって、それによる何らかの刺激や変化が生じ、心や体が反応するという仕組みになっています。

きっかけとなるできごとのことを、「ストレッサー」といいます。


ストレッサーは悪い出来事だけでなく、良い出来事でも実はきっかけになったりします。

例を挙げると、

・結婚することが決まり幸せを感じた後、不安の方が大きくなり

 マリッジブルーになってしまう

・妊娠・出産を経て産後うつになる

・連休を楽しんだ後は仕事がより嫌になり、五月病のようになる、など。

どこかで聞いたことがあるかもしれません。

ストレスは、背景にあるできごとの良し悪しだけでなく、できごとに伴う刺激や変化によって生まれることが分かりますね。

私たちがストレスを感じるときは、必ず意味があります。

心や体が反応しているときは、何のサインなのか、一度振り返ってみてください。

その意味の中で、特に体に不調が出るということは、自分自身の体が「助けて!」とSOSを出しています。そのSOSに気が付かないフリをせず、自分を癒してあげましょう。

自分を癒す方法として、いくつか例があります。

自分が休まる、癒される方法を知っておくと、対処がしやすいですね。

(※ちなみにスタッフの場合は、おいしい物を食べることと、一人の時間を作ることが自分を癒す方法です)

自分に合わない癒し方もあります。

人と会って話すとストレス解消につながる方でも、その相手がだれでもいいわけではないかもしれませんよね。

また、ストレス解消でパーっと遊ぼうとして、夜通し遊んでしまい、どんどん疲れていってしまう可能性もあります。

自分をストレスから解放し癒すことで、次のストレスを生んでしまわないよう、自分に合った癒し方を見つけましょう。

また、自分が何にストレスを感じやすいか、どのような反応がでやすいかなど、自分のストレスの傾向を知っておくことで、ストレスに備えることができます。

やってくると分かっていれば、予防策を講じることができますよね。

いかにしてストレスを感じないようにするか、ではなくて、ストレスを感じた時にどうするかを考えると、気持ち的にも楽かもしれません。